中高年に多いサラリーマンの悩みのアレコレ…

自分は勃起不全にはならないとおもっていたのに..

男といっても年をとれば身体は衰えていくものでそれは長年生きてる以上自然なことです。しかし中には若者や部下に勝るとも劣らないほど元気いっぱいの男性は数多く存在しています。男がみんな元気でいることは国にとってもうれしいことです。
しかし『ストレス社会』と呼ばれる現代において知らず知らずのうちにストレスを溜め込み勃起不全になってしまうことも珍しくはありません。
「自分は勃起不全にはならない」と思っていても加齢と共に勃起不全を発症してしまう確率はどんどん上昇しますし、若いからといって発症しないとも限りません。
心因性EDは原因となっているストレスを取り除いてやるのがいちばんですが、マカ、ソフォン、亜鉛、L-シトルリン等が含まれたED 精力剤も効果的です。
数多く存在する商品の中でもマカ等に含まれるアルギニンにはホルモンの分泌を促進してくれる効果があります。精子の数や運動性を高め、男性不妊症にも効果があるといわれています。アルギニンには生活習慣病予防にも効果があるので男性のみではなく女性にもお勧めです。
アルギニンは大量(3〜6g程が推奨)に飲まなければ副作用はありませんので、毎日飲んで元気を長続きさせていくと良いでしょう。


最新記事

  • あるコンドームメーカーが世界を対象に、年間にどれくらいのセックスをしているのかを調査してみました。 世界のセックスの年間平均回数は103回だったのですが、日本では何と45回となっており、世界の平均回数を大きく下回っている …

    セックスの年間平均回数について

  • 長生きの秘訣は老いてますます盛ん 1997年のことですが、イギリスでちょっと変わった調査結果が公表されました。 それは45〜59歳という、いわば中高年の男性918人を対象にした追跡調査で、10年間に及びました。 その結果 …

    セックスの回数が多い人ほど長生き可能!